2017ミス・ユニバース・ジャパン青森大会オフィシャルサイト

Menu

NEWS

2017.07.07

2017ミス・ユニバース日本大会

 

 

 

7月4日(火)、ホテル椿山荘東京にてミス・ユニバース日本大会が開催されました。

青森代表相馬渓音も46名の地方代表と3月から始まったプレトレーニング、そして、

6月20日から2週間に渡るビューティーキャンプにてトレーニングを重ね、外見の

美しさだけではなく内面の美も競い合いました。

 

 

 

 

 

各地方代表が次々と入場。

報道陣も多数来ていて、数えきれないほどのカメラ、カメラ、カメラ・・・

緊張が高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さま、自信に満ち溢れて素敵過ぎます。

恵まれたスタイルに更に磨きをかけた容姿は、圧巻でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この中から日本一の美女が決定するなんて、ドキドキです。

 

 

 

 

 

司会は、俳優の高橋克典さんとモデルの押切もえさんです。

さすが! 華やかな場が似合います。

 

 

 

 

 

1stセッションが始まります。

 

 

 

 

 

1stセッションは、2人づつ対戦形式のスピーチバトルです。1人づつスピーチし、

評議員がその場で白旗か赤旗を挙げて判定。白旗が挙がり選ばれた代表が、次の

ステージに進むことができます。

 

 

 

 

 

石川代表の田端未咲さん。八戸出身なんですよ~。

 

 

 

 

 

東京代表の小柴綾香さん。小柴さんも八戸出身です。

 

 

 

 

 

トレーニングの成果が表れているのか、皆さん表情豊かに時には身振りも交えながら、

自身の思想や夢を大きな声でハキハキとスピーチしていました。報道関係者含め、800人

程の観客が注目する中ですので、相当なプレッシャーかと思いますが、微塵も感じさせず

堂々と語る姿に感服するばかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

青森代表 相馬渓音の出番が迫ってきました。

 

 

 

 

 

相馬は、京都代表の脇坂友佳子さんと対戦。

 

 

 

 

 

自身が研究しているセクシャルマイノリティについて語りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

判定は京都に挙がりました。相馬は選ばれませんでしたが、とても輝いていました。

彼女が理想とする強くしなやかに・・・理想とする女性像が見えました。

 

 

 

 

 

2ndセッションに先立ち、水着に着替えた代表たちが入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2ndセッション。スピーチバトルで選ばれた26名が、入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堂々としたウォーキングとポージングに圧倒されますね。

 

 

 

 

 

2ndステージは、2人づつのダンスバトルでした。パフォーマンスを見て、評議員が

赤旗か白旗を挙げて判定。13名に絞り込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相馬は、手拍子やダンスでパフォーマーを応援しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3rdセッション。

ダンスバトルで絞り込まれた13名が、ドレスでウォーキングを披露しました。

 

 

 

 

 

石川代表の田端未咲さん。

 

 

 

 

 

秋田代表の今野知佳さん。

 

 

 

 

 

島根代表の藤元さやかさん。

 

 

 

 

 

愛媛代表の福岡佳奈子さん。

 

 

 

 

 

千葉代表の阿部桃子さん。

 

 

 

 

 

新潟代表の駒形悠さん。

 

 

 

 

 

愛知代表の牧野美来さん。

 

 

 

 

 

沖縄代表の平良絵玲亜さん。

 

 

 

 

 

東京代表の小柴綾香さん。

 

 

 

 

 

岡山代表の神原睦枝さん。

 

 

 

 

 

相馬は、ステージで見守りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3rdセッションのドレス審査で13名の中からさらに5名が選出されます。

ファイナルステージに選ばれたのは・・・

 

 

 

 

 

秋田代表の今野知佳さん。

 

 

 

 

 

東京代表の小柴綾香さん。

 

 

 

 

 

長野代表の小西夏生さん。

 

 

 

 

 

愛媛代表の福島佳奈子さん。

 

 

 

 

 

千葉代表の阿部桃子さん。

 

 

 

 

 

以上5名により、ファイナルセッションで質疑応答がおこなわれました。

 

 

 

 

 

秋田代表の今野知佳さん。

 

 

 

 

 

東京代表の小柴綾香さん。

 

 

 

 

 

長野代表の小西夏生さん。

 

 

 

 

 

愛媛代表の福岡佳奈子さん。

 

 

 

 

 

千葉代表の阿部桃子さん。

 

 

 

 

 

審査員の質問を真剣に聞く姿勢、受け答えをする表情や目の動きなど、引き込まれるよう

でした。ファイナルセッションを終え、審議に移ります。

 

 

 

審議中は、2016ミス・ユニバース・ジャパン中沢沙理さんが登場。

 

 

 

 

 

世界大会に出場した感想や、世界各国で行われたボランティアについてお話しました。

各国代表しかできないかけがえのない経験。今年、その権利を手に入れるのは、誰なんでしょうか?

 

 

 

 

 

いよいよ結果発表です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、特別賞の発表。

レグスリム賞は・・・

 

 

 

 

 

福島代表 小林愛さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

システムプロフェッショナル賞は・・・

 

 

 

 

 

千葉代表 阿部桃子さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

チラコル賞は・・・富山代表 松井結花さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

トータル・ワークアウト賞は・・・千葉代表 阿部桃子さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

上位入賞者の発表です。

4位は・・・

 

 

 

 

 

長野代表 小西夏生さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位は・・・東京代表 小柴綾香さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2位は・・・

 

 

 

 

 

愛媛代表 福岡佳奈子さん!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、2017ミス・ユニバース・ジャパンは・・・千葉代表 阿部桃子さん!

見事!栄えあるグランプリ、システムプロフェッショナル賞、トータル・ワークアウト賞

の3冠に輝きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相馬も受賞を讃えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

阿部さん、おめでとうございます!

ご存じの方も多いかと思いますが、阿部さんは、「スッキリ!!」などでおなじみのリポーター

阿部祐二さんの娘さんなんです。

 

 

 

 

 

「ファイナリスト一人一人が強い気持ちを持っています。その気持ちを背負って世界大会まで

一分一秒無駄にせず努力していきます!」とのコメントには、地方代表各々の頑張りが表れて

いるようで、胸が熱くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界大会頑張って下さい!

 

 

 

 

 

ミス・ユニバース・ジャパン本部の皆さま・講師の皆さま、青森代表が大変お世話になりました。

素晴らしいステージをありがとうございました。

そして、青森大会を支えて下さった皆さま、お陰様で会場で青森代表の応援をすることができ、

感動の瞬間にも立ち会えました。私たちは、この世界的なコンペティションに携わる事が出来る事、

心より幸せに思います。ありがとうございました!!

 

青森代表相馬渓音は、入賞は果たせませんでしたが、青森代表に選ばれるまで、そして日本大会

出場まで学び得たことを青森のお役に立てるよう活かして参ります。相馬渓音の成長した姿、

近々お見せしますので、青森でのイベント出演を楽しみにしていて下さいね!!!