投資用マンションの体験談

22歳の時、中古マンションを購入しました。
1800万円でした。

そのマンションは、投資用マンションと呼ばれる類の物件で、買って人に貸すという需要があるマンションでした。

しかし、私は賃貸にはせず自分で住みました。
36歳まで住んで、売却価格は600万円でした。
1200万円の損失ですが、後悔はありません。
騙されたのかなと思った時期もありましたが、時代の流れでしょうね。

希望としては1000万円以上で売れるかな、と思っていましたが甘かったです。

しかし、賃貸で借りて住んでもお金はかかりますから、深くは考えていません。

当時現金で購入しているので、ローンもありませんでしたから気楽なものです。

売却理由は、新築マンションに住み替えたいと思ったからです。
売却した600万円の、頭金を元に3800万円の新築マンションを購入して現在に至ります。

例えば、そのマンションを賃貸として貸しておけばよかったかなとか、後から考えた事もあります。
7万円位で賃貸にまわしておけば、年間60万円位にはなりますから、生活は楽になっていたはずです。

しかし、新築マンションが欲しかったので、売却の選択をしました。
実家は賃貸なので、そこに住みながら自分のマンションは賃貸にするという選択肢もあったのですが、家族と折り合いがつかなかったために売却してしまいました。

1200万円の損失は結構いたいのですが、不動産の交渉を私は知りません。
1800万円で購入して、何故600万円になってしまうの?
タバコも吸わないし、綺麗なままだし、鉄筋コンクリートなのだから資産価値は落ちないのではないか、と不動産屋にも話したのですが売却。

数件の不動産屋にきいてみれば、結果は変わっていたかもしれませんが、購入したところで売却頼むのが1番だと思い、売却してしまいました。

売却するときは、本当にかなり悩みました。
1200万円の損害を気にするあまり。
しかし仮に、10万円の家賃のところに10年間すめば1200万円です。
世の中うまく出来ているものですね。

後で知ったことですが、ネットをみていたら不動産一括査定サイトがあるんですね。
ちょっと、ここでも調べてみたら良かったと思ってしまいました。
入力するだけで、簡単に査定してもらえるみたいです。
これなら、こっそりと調べられたかも。

私は人見知りなので、不動産屋には言いづらかったり聞きづらいこともあって、100%きちんと聞くことは難しいですが、ネットなら聞きやすいかも。
もっと早くに知っておけばよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です